「サムライせんせい」幕末150周年記念作品・市原隼人主演最新作

  • 劇場公開日:2018年3月1日

平成の世に、薩摩・長州・土佐・肥前の薩長土肥連合が再結成!?『サムライせんせい』。

本作は幕末を生きた高知出身の志士・武市半平太が平成の世に迷い込み、学習塾を手伝うことで繰り広げられる痛快なストーリーですが、半平太の胸に去来する過去にやり残したことへの郷愁と過去から繋がる現代への不思議な思いが描かれている。

薩長土肥バージョンとして公開される予告編では、平成の時代に迷い込んだ直後の半平太と、いきなり現れたサムライにアタフタする現代人が登場。
見たことのない現代の風景や生活ぶりに驚くばかりの半平太に反し、サムライを受け入れて行く周囲の人々の温かさが垣間見れるシーンも盛り込まれている。

幕末時代と現代の様子が交錯する中、予告映像の後半では昔も今も変わらない日本への思いを語る半平太。「この日の本(ひのもと)をよくするために全力で奔走せないかんぜよ!」と、祖国を変えようと奔走した半平太らしいセリフが今を生きる現代人の心に深く刻まれる映像が出来上がった。

本作で主人公・武市半平太を演じるのは、現在NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で傑山役を好演中の市原隼人。

半平太と同じく平成の世に迷い込んだ坂本竜馬を忍成修吾が演じ、物語のキーパーソンとなる佐伯老人に橋爪功、半平太の妻に奥菜恵といったベテラン陣が顔を揃え、半平太に関わる現代の若者には押田岳、武イリヤといったフレッシュな顔ぶれが登場。

本作でメガホンをとるのは、『キャプテントキオ』(07)、『新選組オブ・ザ・デッド』(15)の渡辺一志。

 

キャスト

市原隼人、忍成修吾、押田岳、武イリヤ、螢雪次朗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. スティーヴン・キングの超大作が映画化「ダークタワー」

    劇場公開日:2018年1月27日

おすすめ

  1. スティーブン・キングが1970年代から30年もの歳月をかけて完成させたライフ…
  2. ジャッキー・チェンがカンフーの達人でもある考古学者を演じ、インドをはじめ世界各国を股にかけた冒険…
  3. 「下衆の愛」「獣道」の内田英治が監督した本作は、谷崎潤一郎の小説を映画化するプロジェクト「TAN…
  4. 天候をコントロールする気象宇宙ステーションが暴走するさまを描いたディザスターアクション。 …
  5. 福山リョウコ原作による人気恋愛コミックを、「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」の三木康一郎監督が…

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る