3カ国合作映画「KOKORO – 心」

これが長編2作目となるベルギーの女性監督バンニャ・ダルカンタラが、日本のある小さな村を舞台に、心に深い傷を負った人間が再生していくさまを描いた人間ドラマ。

ベルギー、フランス、カナダの合作映画で、「奇跡のひと マリーとマルグリット」のフランス人女優イザベル・カレが主演を務め、國村隼、安藤政信、門脇麦が共演する。

フランスで暮らすアリスのもとに弟のナタンがやってきた。旅先の日本で生きる意欲を見つけたと幸せそうに語っていたナタンは、数日後突然この世を去ってしまう。

最愛の弟をなくしたアリスは、弟を変えた人々に出会うため、ひとり日本を訪れる。
行き着いた先は自殺の名所として知られる崖のある海辺の村だった。

そこでアリスは元警察官のダイスケと出会う。ダイスケは自殺のために村を訪れる人に寄り添い、自殺を思いとどまらせていた。
村の人々との交流がアリスの心に静かな変化をもたらせていく。

カレがアリス役、國村が元警察官のダイスケ役を演じる。

 

キャスト

イザベル・カレ、國村隼、安藤政信、門脇麦、長尾奈奈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 「彼女がその名を知らない鳥たち」人気ミステリー小説を蒼井優・阿部サダヲW主演で映画化

    劇場公開日:2017年10月28日

おすすめ

  1. スティーブン・キングが1970年代から30年もの歳月をかけて完成させたライフ…
  2. ジャッキー・チェンがカンフーの達人でもある考古学者を演じ、インドをはじめ世界各国を股にかけた冒険…
  3. 「下衆の愛」「獣道」の内田英治が監督した本作は、谷崎潤一郎の小説を映画化するプロジェクト「TAN…
  4. 天候をコントロールする気象宇宙ステーションが暴走するさまを描いたディザスターアクション。 …
  5. 福山リョウコ原作による人気恋愛コミックを、「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」の三木康一郎監督が…

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る